マリージャンヌ

マリージャンヌについて

フランスの漁船マリー・ジャンヌ。主にコンカルノー港から出港し、1900年から1950年の間、活躍しました。
マグロ漁は遠洋になるため、強くて速い船が必要です。もともとは違う目的で作られた船でしたが、他より重たく頑丈なこの船はマグロ漁に活躍し、6月から10月の漁の時期には、多くの収穫を携えてリモータリアを経てフランスの南に戻ってきました。
19世紀の終わりになると、小型の船体に大型の帆を備え、モーター推進傾向の新しいタイプの漁船が開発されるようになります。それとともに、このマルチカラーの帆を備えたエレガントなフィッシュボートは終焉を迎えます。

Marie Jeanne

キット案内と製作案内動画