Bountyについて

映画「戦艦バウンティ号の叛乱」(1935・米)の題材にもなった、イギリス海軍の武装商船です。非常に有名な事件で、賞金稼ぎのことをバウンティハンターなどと呼ぶことがあるのは、この事件に由来すると思われます。(イギリス海軍では、少なくとも19世紀中頃にはバウンティを報奨金という意味で使用していたようです。)

事件の概要:1787年、バウンティは艦長ウィリアム・ブライの指揮のもと、イングランド南部のスピッドヘッドを出発しました。 奴隷の食糧用のパンの木を、太平洋のタヒチ島で積み、西インド諸島へ移植するのが目的でした。バウンティは無事タヒチに到着し、5か月間滞在しましたが、タヒチを出発して3週間後、船内で反乱が勃発します。 反乱の原因は諸説ありますが、タヒチでの自由な生活に慣れた船員が、厳しい船上の生活に戻ることを拒否したという説や、「鉄の規律」と呼ばれたブライ艦長の厳しい規則が原因とも言われています。 二等航海士フレッチャー・クリスチャンに率いられた半数以上の船員が反乱に加わり、バウンティ号を乗っ取ると、ブライ艦長と体制派の船員18名は、大型ボートに乗せられ流されました。ブライ艦長は卓越した操舵術を駆使して、ボートで太平洋を横断し、インドネシアのティモールにたどり着き、やがてイギリスに帰還しました。乗っ取られたバウンティはその後タヒチに戻り、16人の反乱者が上陸しました。クリスチャンと数名は南太平洋のピトアケン島に向い定住し、バウンティはピトアケン島で燃やされました。

Bounty

制作動画

製作動画パート1~17